偶然の初即~ナンパ師になったきっかけ・前編~

2015年5月5日。同級生の友人が1人、開通したばかりの北陸新幹線に乗って帰省していた。

その日2人は金沢競馬場で日中を過ごし、
金沢競馬場の子供向けアトラクション
場内の子供向けアトラクション(大人も可)を楽しみながら的中予想するオッサン2人w

夕方になると居酒屋へ。入店するとすぐに「ご予約席」のプレートが置かれたカウンター席に案内された。

「最近このパターンだよな。」

友人が左の椅子に腰掛けながら言う。私も、

「アラフォーにもなると選択肢が限られて来るんだよ。」

と返し、側に控えていた店員に生ビールを2つ注文した。

スポンサーリンク

乾杯後の話題はもっぱら仕事とお金の話で、女の話は微塵みじんもなかった。

そのくらい2人はもう何年も異性との縁がなかった

果たしてこの先”浮いた話”をする時は来るのだろうか、と次々に届く料理を前にぼんやりと考えていた。
居酒屋和台の料理

料理から左の男に視線を移すと、老けたな、と思う。

加齢だけじゃなく、毎日のハードな仕事からくる慢性疲労が顔に出ていて余計にそう思えるのだ。

ただ、それは自分にも当てはまることだ。

髪はパサパサで肌はくすんだ上にたるみ、顔の輪郭はボヤけてきた。せっかく今こうして疲れを癒しても明日からはまた仕事。しかもGW明けで忙しいと思うと気が滅入った。

2人でひとしきり呑み、食べ、話し終えると、私はふと右隣が気になった。

我々より先にいる1人の女性。ブックカバーを付けた文庫本を片手に、エビの唐揚げとビールでずっと粘っている。

私は背もたれ一杯まで上体を反らし、横目でチラリと相手の全体像シルエットを見る。顔はよく見えないが30代前半だろうか。細身の体に黒のショートカットが私好みだ。

スッと伸びた背筋に半袖から伸びる白い腕、そしてページをめくる長い指にムッツリしていると、

「おい、これのどっちかを注文しようぜ。」

と左から声がしてメニューを私の前に滑らせてきた。

メニューの上に置かれた友人の人差し指は、「白エビの唐揚げ」と「ガスエビの唐揚げ」を交互に示した。

それを見た私は、「女性はどっちの唐揚げを食べているのだろう?」と気になり、咄嗟とっさに、

「あの、その唐揚げって白エビですか?ガスエビですか?」

と尋ねた。

私は普段見知らぬ女性に話しかけられないのだが、今回は酔った勢いでたまたま話しかけられた。

女性は特に嫌がる様子もなく、私を見るなり、

「あ、白エビです。」

と答えてくれた。

私は女性の柔和な応対にホッと胸を撫で下ろしたのと同時に、少し嬉しくなった。

「ありがとうございます。あまりに美味しそうだったので我々も注文しようと思って。」

「いえいえ。」

「それにすみません、読書の邪魔をして。」

「いえ、構いませんよ。」

この二言三言ふたことみことの会話で、この女性の柔和さは性格的なものより”育ちの良さ”からくるもののように感じた。

ただ、彼女もまたどこか疲れた表情をしていた

「居酒屋でまで本を読むなんて、読書がお好きなんですか?」

「はい。ただ、本当は家で読んでいたかったのですけど。」

「では、どうして?」

「家で本ばかり読んでいたら、たまには外に出ろと祖父母から言われまして。」

「なるほど。引きこもりを心配されちゃった感じかな?」

「はい。それで兵庫から来たんです。」

「は?」

「は?」

と我々は綺麗にハモると、

「引き籠り対策に旅行!?」

「初耳だw」

と色めき立った。

「私が元々旅行好きなのを祖父母が知っていて、旅費までくれたので。。」

「なるほど。」

てことは、何かが原因で急に引き籠りだしたってことだよな?疲れた表情とも関係があるのだろうか。

「海外も行くんですか?」

「はい。以前は台湾に行きました。」

「おお!我々も最近2人で行って来たんですよ!」

「台湾のどこ行きました?」

と3人は意気投合。スマホで撮った画像を見せ合い、盛り上がった。
台北台中台南
2泊3日で台北、九份、高雄、墾丁を巡りました。

女性の渡航歴は豊富で沢山の画像と体験談を披露してくれた。私はそれを興味深く聞く一方で、「これらの旅費も祖父母が工面したのだろうか」と少し気になった。

その後、話題は身の上話へ。女性は現在無職だが、前職が友人と同じ職種だったことでまた盛り上がった。

そこで、テーブル席の方が話しやすいだろうと思い2軒目に誘うと、「OK」。2軒目に移動中、これが俗に言う「ナンパ」なのだろうか、とうっすら思った。

スポンサーリンク

そして近くのバーへ。

バーでは時事ネタや趣味の話で盛り上がり、あっという間に23時。私は明日から仕事なのでここでお開きとなり、友人は先にタクシーで帰っていった。

残された男女ふたりは、ここから程近い女性の宿泊先ホテルに向かって歩く。

ホテルが間近に迫ったところで私の方から、

「楽しかったよ。明日も楽しんでね。」

と切り出した。

本当はホテルで一緒に過ごしたかったが、「それはさすがに迷惑だろう」と自分なりに気を遣ったのだった。

すると女性は、

「こちらこそありがとうございました。」

と言い、仏頂面で足早に去っていった

「最後はやけに淡白な別れ方だな」と感じつつ女性の背中を目で追っていると、ホテルの一階のコンビニに入っていった。

もしかすると、まだ一緒にいたかったのではないかと思うと、居ても立っても居られなくなり、後を追う。

コンビニに入ると、女性は買い物カゴに缶ビールを2本入れているところだった。

「なんだ!私も呑み足りなかったんだよ。」

「うわ!ビックリした。」

「せっかくだしさ、もうちょっと呑もうよ。」

そう言って返事を待たず棚から自分用の缶ビールを取り、相手のカゴに入れた。少しでも拒否反応があればすぐに戻すつもりだった。

「・・・まあいいですけど・・・。」

「よし!決まりね!おつまみは要る?」

「いえ。呑むだけで。」

「おけっ!レジいこ!」

呑む場所を訊かれないということは、相手も「自分の部屋」だと理解しているはずだ。私は相手の気が変わらないうちにとさっさとレジに進んだ。

店員にこのやりとりの一部始終を聞かれていたが、恥ずかしさより喜びと興奮の方が大きかった。

そう。一番楽しみたいのはこれからなんだ。

とはいえ、レジを通している間、心の中で「この後の展開は一体どうすればいいんだろう?」と考えていた。

ワンナイトラブになる展開を作っておきながら、完遂する方法は全く知らなかった。

偶然の初即~ナンパ師になったきっかけ・後編~に続く。

スポンサーリンク


あなたの支援エールが私の活動を支えています。↓画像タップでエールをお願い致します。
↓ブログ村ランキング(タップのみ。※無料)
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

↓寄付による支援(note)

あなたの"ひとおし"が錬のモチベを"ひとおし"しています。錬にエールを!

2 件のコメント

  • ガンバボーイさんはじめまして!嬉しいコメントありがとうございます!
    続きは近々公開できますので、もうしばらくお待ちください~(*´▽`*)