旅ナンパ九州編9日目終盤<福岡県3>

※この記事には序盤(リンク:旅ナンパ九州編9日目序盤<福岡県3>)と、中盤(リンク:旅ナンパ九州編9日目中盤<福岡県3>)があります。

 中盤のハイライト
 21時。ボッチ飯を終え、天神の街で「夜 スト 」を開始した錬は、人波の中を歩く1人の 案件 を発見する。 フロントアプローチ すると オープン し、そのまま 並行トーク へ。並行トーク中、居酒屋打診の言葉を並べ立てても通らなかったが、自然な会話を楽しみながらさりげなく飲み屋街の方向に先導すると、今度は何も言わずに私のあとをついてきた。

連れ出し確定。同棲中の彼氏の元へ帰る途中だったにも関わらず、 ストナン に応じる案件。その真意は定かではないが、 の目はありそうだった。

制限時間は終電までの2時間。その中で果たして錬は、即という未来を描くことができるのか。

スポンサーリンク

21時半。個室居酒屋の1つの部屋で、私と案件は隣同士に座っていた。

「お待たせいたしました。」

若い男性店員がそう言って、目の前のテーブルに面一ツライチがれたビールジョッキと梅サワーが入ったロンググラスを置くと、「ただ今大変混雑しておりまして、料理のご注文は少々お時間頂いております。」と1言残してドアを閉め、そそくさとお辞儀をして部屋を出ていった。

私はジョッキを手に取ると、案件に掲げて言った。

私「不思議な出会いに乾杯。」

すると案件もグラスを手に取り、私に向けてくれた。

カチン♪

2人のふちが触れ合うと、案件のグラスの氷が小さく踊った。そしてお互いの喉にアルコールがそそがれる。

出会ってから30分。即の展開としては極めて順調だ。しかし、2時間後には案件を帰していなければならない。そのことを考えると、呑気に構えてはいられなかった。

私は雑談を切り上げ、恋愛話へと踏み込んだ。こうなるともう雑談に後戻りはできない。H クロージング までひたすら 仕上げ ていくだけだ。

私は案件の全身を視界に捉え、どんな些細な反応でも見逃さぬよう意識を向けながら、口を開く。

私「彼とは何年付き合っているんだっけ?」

案「そろそろ3年ですかねー」

案件は手に持ったグラスに軽く口を付けたまま、抑揚のない声で答えた。

私「へー。結構長いね。今26歳だったらそろそろ結婚だよな?」

案「うーん。・・・どうかなぁ。」

この返答もイントネーションは尻すぼみ。とてもではないが、近い将来に彼氏との結婚が訪れる気配は感じられなかった。それどころか結婚願望があるのかすら怪しいニュアンスだった。

しかし、保育士という仕事柄、結婚願望がないというのは妙に違和感がある。なので、彼氏との・・・・結婚願望についてうかがってみる。

私「えっ、なんか彼との結婚に前向きな感じが伝わってこないんだけどw もしかして、浮気心が芽生えやすい”3年目のジンクス”ってやつ?」

ここで案件が、「そうなんです。」

とでも言えば、私がその心を満たす役になり一丁和了あがりだろう。
ロン和了シーン

しかし、そう上手くはいかずw

案「いえいえいえ笑。普通に良いですよ。」

私「そっか。普通に良いんだね。」

バックトラッキング で返すと、案件は言葉を続けた。

案「でも最近ずっと忙しくて。。そういえば私の結婚願望はどこに行っちゃったんだろうって、今思いました笑。

私「笑。すでに彼氏が旦那化して、園児たちが自分たちの子供化しちゃってるとか?」

案「いや、それはないです笑。」

私「結婚願望はいつから迷子なの?」

案「いつだろう?もう2年くらい経つのかなあ。」

私「なるほどねー。」

そう言って私はビールをすすると、ふと、”案件の結婚願望の在処ありか“を突き止めたくなった。それは単に私の嗜好から生まれた興味だったが、案件の潜在意識を一緒に掘り下げることで、何らかの”気づき”を与えることができれば、2人の出会いに付加価値を持たせることができるはずだ。

同時に、別の狙いもあった。

それは、案件の潜在意識を掘り下げる過程で即に繋がるヒントがあるかもしれないということだ。また、ヒントが見つからなくても、掘り下げる行為そのものが2人の心の距離を縮め、結果的に即に結びつくかもしれない。

実際、過去にそういう経験はあった。

 

―――しかし。

今回、その展開で即を狙うのには不安があった。案件が結婚願望の在処に興味がなければ、おせっかいな無駄話に終わるだけだ。案件のそぶりを見ている限りでは、何かに思い悩み、救いを求めているようには思えなかった。また、仮に興味があったとしても、話が長引いてしまえば制限時間内に仕上げられなくなるだろう。

この展開を選べば、きっと 健全解散 の道をたどる―――。過去の苦い記憶が私にそう告げていた。

私にとって、「健全解散=負け」だ。いくら相手に気づきを与え、それで私の自尊心が満たされようとも、体が満たされなければやがて不完全燃焼の記憶となって脳内を揺蕩たゆたい続ける。まるで、飾るにも捨てるにも忍びないありきたりなお土産のように。それが、苦い。

逆に、泥臭くても何とか仕上げ、ピロートークでお互いに心までさらけ出していたほうが、よっぽど心も体も満たされていた。何より、その記憶はいつでも私の中で燦然と輝き続けるのだった。

だから私は、積極的に即を獲りにいく展開ルートを選ぶ。たとえそれが、相手に何の気づきも与えられない”仮初めのアドバイス”になろうとも―――。

コトッ。

私はジョッキを静かにテーブルに置き、上半身を完全に案件に向けた。私の左膝頭が案件の右太ももに軽く触れる。

眼前には結婚願望を見失った”迷える羊ストレイシープ“。私はこの羊を、”これがあなたの正しい道だ”と説きながら、寄り道させなければならない。

そしてその手法は、反論がなければ自動的に即に結びつく” 決めつけトーク “が効果的だろう。

とはいえ、寄り道はケモノ道。必ず即までたどりつける保証はない。せいぜい数分先の未来をぼんやりと照らすだけだ。道中、小さな油断から足を滑らせれば、ゲームオーバーにだってなりうる(ナンパの仕様ですw)
FCスペランカーのゲーム画面

だから、いつも仕掛ける時は緊張する。それでも、ナンパ師を名乗るからには最後まで潔く演じきるだけだ。
泥んこクイズ

私は案件の目を見つめ、ついに仕上げの口火を切った。

スポンサーリンク

私「2年間も結婚願望を見失っているのは長いね。その間に浮気とかしたことないの?」

不意に切り込む私に、案件は一瞬「えっ?」という表情を見せたが、意外にもすぐに元の表情に戻った。

私「いや、案外浮気がきっかけで彼氏との仲を”見直す機会”になったりもするからさ。」

案「見直す機会、ですか?」

私「そう。彼氏との関係を”先に進める”機会とも言えるね。付き合い続けるのか、それとも、別れるのか。君は今その岐路に立っていると思う。」

そして間を置かずに言葉を続ける。

私「あっ、ごめんいきなりこんな話してしまって(>_<)。でも、君とは今日だけの関係だから、思ったことを素直に話し合えた方が有意義な時間になるのかなと思って。。」

一期一会で言い合える関係を遠まわしに提案すると、案件は、「良いですよ。」と、はにかんでみせた。

私は安堵し、語りかけるように口を開いた。

私「君と接していて思ったんだけど。君は日々仕事に明け暮れていて、他の男に目を向ける機会がないのだと思う。」

そんな中、3年続く今の彼氏をベストパートナーだと思っている。でも、結婚願望を見失っているようでは、ただの思い込みだと私は思う。多分忙しい毎日が無意識にそうさせているんじゃないかな。少なくとも私には、君との会話で彼氏がベストパートナーだという感じは伝わってこなかったよ。

もし、君が今の気持ちのまま彼氏と続いて結婚したとしても、2人の関係に波風が立ったときには結局この岐路に立たされることになる。

その時になって、彼氏と別れたいと思ってもきっと別れられない。だって、一緒に過ごした年月こそ君の好意のバロメーターなんだから。今決断できないのに、これから先に同じ決断をするのはもっと難しいよ。

そうなると、今後ずっと自分の本心と折り合いをつけながら日々を過ごすことになる。」

私は案件に真剣な眼差しを向け、やや語気を強めて続ける。

私「いいかい?今の彼氏は”暫定首位”なだけ。自分の本心を知らぬまま今の関係にしがみついていても、いつでも簡単に覆されてしまう。

そうならないためには、常に”彼氏を選択し続けている”実感がなければいけない。

そしてその実感を得るには、常に他の男とも恋愛ができるというマインドを持っていなければならない。君の場合だと、実際に他の男とも並行して恋愛すること。

今日は、そこに”気づく”日なんだよ。比較する男ができることで、自分の本心にかえりみる余地が生まれるし、1人に固執しないマインドも身に付けることができる。また、常に最良の彼氏を選択し続けることができるようになる。結果的に、1番相性がいい相手を選ぶことができる。」

私の熱弁に対し、意外にも案件はリラックスした様子で聞いていた。それは感心しているようでもあったし、私を観察しているようでもあった。

その時、トントンとドアを叩く音がした。

店員「お待たせいたしました~。」

ここでようやく料理が届きはじめる。店員はいくつかの皿を並べるとさっさとドアを閉めて出ていった。

私は目の前にあったトマトスライスを口にする。しばしの沈黙が流れる。

案「・・・実は、1回だけあるよ。」

案件はやや声のトーンを落として言った。

私「え?浮気が?」

案「・・・うん。」

この瞬間、

私の脳内は、

キタ━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━!! となった。
東京オリンピック決定の瞬間 

このカミングアウトは大きい!大きいぞ!これで有利に戦える!と。

・・・しかし、表情は至ってポーカーフェイス。
チベットスナギツネ

私「へぇ、そうなんだね。それはいつの話?」

平静を装いながらトマトスライスをつまむ。この場が一期一会の雰囲気に包まれようとしていた。

案「2年くらい前だったかな。」

私「どんな関係の人?」

案「大学の後輩。」

私「はじめからそのつもりだったの?」

案「ううん。」

横に首を振る案件を見ながら、全くわからなかったわけでもないだろう、と一瞬思ったが、それは言わないでおいた。

私「でも、それでよかったと思うよ。」

浮気を肯定する。

私「それっきり?」

案「うん。遠距離だったし。」

私「そっか。まあ、結果的には彼氏を選んだことになるよね。」

案「うん。」

私「うん、その積み重ねだと思う。」

私「2人の付き合っている期間が無駄に長引くと、次の恋愛にまで影響を及ぼす。彼氏にとってもね。だから比較の機会は早いに越したことはないし、多い方がいい。そうやって、いつも自分を試すべきだと思うよ。かといって重く考える必要もない。そもそも君たちは付き合ってるだけで、結ばれるかどうかわからないのだから。」

私「浮気で後悔したのなら、不倫をしなければいい。一途は最後の恋に取っておけばいい。」

これで幾分か彼氏 グダ のハードルは下がっているはずだ。

私「私の言わんとしていること、うまく伝わった?笑」

案「はい笑。面白いです笑。」

私「そっか、よかった笑。実は、ちょうど最近君と似た状況の知人がいて、7年間一途に交際していたがダメだった。2人は共依存的になっていて次の恋愛に踏み出せずにいる。だから今日、君と出会えたことと、この話を伝えられたことは何かの縁だと思うし、私のとっても旅の良い思い出になるよ。」

案「旅?・・・そうなの?」

私「そう。1人旅してて、帰る途中なんだよね。」

ここで自己開示。今回の旅の中で1番遅く、1番有効な場面で使い方だった(リンク:旅ナンパ九州編8日目<熊本県2>)。

私「だから後腐れもないし。今日のこと、私と“お試し体験してみる?」

案件は両手を内ももで挟み、下を向いてニコニコしながら体を軽く前後に揺らしていた。

何も言い返してこない。どうやらまだ私のターンのようだ。

ここで、直感的、本能的に体が動く。 ギラ を仕掛けるタイミングだ。この旅の間”ギラつけないスランプ”に陥っていた私にとって、この閃きはまさに天啓だった。

私「てか、気になったんだけどさ、その後輩からはどんな風にして言い寄られたの?こういう感じ?」

私は同じ状況を作りだそうと、体1つ分すり寄って自分の左肩を案件の右肩に寄せた。肩が触れ合った瞬間、案件の目元にえくぼが浮かび上がった。今日1番の笑顔になっていた。

私「んで、隣同士なら普通こうするよね?」

私の左手が案件の右手を握る。手つなぎの形。

案「・・・合ってる笑」

私「そして、次はこうかな?」

次は自分の右手を案件の左太ももに置いた。横からやや覆いかぶさる形になる。

案「うふふ、なんでわかるの?」

案件のニヤニヤが止まらない。

私「だろ?そして・・・」

今度はつないでいた左手を外し、案件の首の後ろに回した。そして側頭部を抱え引き寄せる。2人は至近距離で向き合う形になった。

案件は一気に体が硬直し、何も言わなくなった。笑みも消え、私の顔から目を逸らすことができない。その瞳は潤み、瞳孔は完全に開ききっていた。これから数秒先、いや、もっと先のことを強く意識している証拠だ。

私「こう・・・だよな?(イケボ)

案件は息を呑んでコクリと頷いた。

見つめ合い、少しの沈黙。店内のBGMや周囲の喧騒が、やけに遠くで鳴り響いている気がした。

私が唇を近づけると、それに合わせて案件のまぶたが閉ざされていく。そして唇の角度が合うと、案件は完全にまぶたを閉じた。

キス。明るく閉ざされた空間で、2人の影が重なった。

お互いに顔を動かしながら感触を確かめ合う。しばらくそれを楽しんでいると、

相手の方から、絡ませて・・・・きた。

―――雌雄は、決した。

あとは LH 打診し、YESの返事を貰って 搬送 するだけだ。しかし今夜は年度末最後の土曜日。22:45を越えてもなおちまたは人で溢れかえっている。この時間、LHにはまだ空室が残っているのだろうか。

焦りは募る。それも1秒ごとに。なぜなら1時間後には案件を帰さねばならないから。

私たちには、”1つになれる場所”の確保という最後の関門が残されていた。

>>旅ナンパ九州編9日目 ラストパート へ続く。

スポンサーリンク

あなたのエ一ルが私のモチベ一ションを支えています。ひと揉みお願いします♪
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ 

コメント、コンタクト、リンクもお待ちしております♪

2 件のコメント

  • エルヴィン(*´▽`*)
    いつもコメントありがとう~↑↑いつの間にか自分でも知らないうちに文章に凝っちゃってたwww
    立たせてしまったからには、早く続きを書かなくてはなるまいな!(∩´∀`)∩☆☆☆

  • 何じゃこのプロ小説家みたいな文章はぁぁぁぁ(読んでてめっちゃ励起)!!!

    続きめっちゃ気になります(;ω;)はよ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。